faces-of-different-races.jpg

COSMOPOLITAN PARIS

A feature documentary film presenting different French people with different origins from all over the world, finding out their roots and the reasons of their arrival in France and how well they are integrated in the French society.

フランス国籍を保持している各コミュニティーを代表する者たちがそれぞれの経歴、現状、そしてバックグラウンド等を紹介し、各自の出身地主義かつ多民族国家における適応から同化、そして適合という共存プロセスを研究するインタビュー集。

Cosmopolitan Paris (Original Title: Paris Cosmopolite)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
French

SYNOPSIS

We are not only aiming to break Japanese stereotypes concerning France, but also the general image of France being a country producing terrorism since the Paris terrorist attacks due to a high number of Maghrebis. As France applies Jus Soli politics and has always been a multiethnic country, wide varieties of races and cultures mix, and regardless of skin color and birthplace, the documentary will portray the definition of identity such as “nationality” and “race” from a French point of view. During the interview, we will ask their race, origin, culture, mother tongue based on their “self-recognition”, and how their ancestors have arrived in France and why they became French. We will ask them what is their identity as well.

MOTIVATION

France is the second country with the most immigrants in the European Union after Germany, and it is 8th in the world. In contrast to Japan, a country that hardly accepts naturalisation and applying Jus Sanguinis law, how does France, a country accepting naturalisation more easily than Japan and applying Jus Solis law deal with diversity, and how do people with different roots deal with each other in a daily basis? Based on the presentation of a different society and system to the Japanese audience, we would like them to think and debate on what Japan has to introduce as a new system in the future.

ABBREVIATED BUDGET

Our estimation is 10 million yen of budget in order to make a cinematic documentary film.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Balkan Docs.

コスモポリタン・パリ (別名: Paris Cosmopolite)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
フランス語

シノプシス

昔からある日本人が思うフランスが「おしゃれな国」のイメージ、テロ以降「テロの国」としてのイメージという固定観念を崩し、出身地主義かつ多民族国家であるフランスは多種多彩な人種・文化が混合し、肌の色や出身地などは関係なく、「国籍」、「人種」等というアイデンティティーの定義をフランス人の視点を通して展開する。インタビューでは各自の「自己認識」を元に人種、ルーツ、文化と言語、そして祖先がどのように、何を理由にして渡仏し、フランス人として帰化したのか。自分はどのアイデンティティーに所属していると思うのかを問う。

動機

ヨーロッパ連合ではドイツに相次ぐ多様性のある国であり、世界で8番目に移民が多いフランス。帰化が難しく、血統主義である日本とは反対に帰化が安易で出身地主義であるフランスはどのようにダイバーシティーを扱い、ルーツの異なった者たちはどのように日々を過ごしているのか。これにより、日本と異なる社会と制度を紹介する事により、将来的に何を導入すればいいのか視聴者に考えさせたいと思う。

予算

約1000万円でシネマティック・ドキュメンタリーの撮影が可能である。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「バルカン・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。


city-bar-open-late_4460x4460.jpg

ROUGE FOREVER

A feature documentary film about the customers of Cox, a famous gay bar in Paris, revealing the Parisian gay community’s issues such as drugs, alcohol and discrimination.

Rouge Forever (Original Title: Rouge Toujours)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
French

SYNOPSIS

Coming soon

MOTIVATION

Coming soon

ABBREVIATED BUDGET

Our estimation is 10 million yen of budget in order to make a cinematic documentary film.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Balkan Docs.

永遠の赤 (別名: Rouge Toujours)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
フランス語

シノプシス

近日公開

動機

近日公開

予算

約1000万円でシネマティック・ドキュメンタリーの撮影が可能である。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「バルカン・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。


parissyndrome-flickr-25.jpg

ANTI PARIS SYNDROME

A feature documentary film searching the reason why the French people are passionate about Japanese culture, and why Japanese people are fascinated by the French culture, and finding out the reason of the strong French-Japanese relationships.

Anti Paris Syndrome (Original Title: Anti Syndrome de Paris)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
French & Japanese

SYNOPSIS

Coming soon

MOTIVATION

Coming soon

ABBREVIATED BUDGET

Our estimation is 10 million yen of budget in order to make a cinematic documentary film.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Balkan Docs.

アンチ・パリシンドローム (別名: Anti Syndrome de Paris)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
フランス語、日本語

シノプシス

近日公開

動機

近日公開

予算

約1000万円でシネマティック・ドキュメンタリーの撮影が可能である。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「バルカン・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。