The Rainy Dusk (Original Title: 黄昏の雨 Tasogare no Ame)

DIRECTOR: Hisanori Tamura, Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
Japanese, English, Spanish, Portuguese

FILM STRUCTURE

This mini-series of 8 short films (approximately 12 to 15 minutes each including credits), are all connected but could be watched independently as well.
The pilot version will be put on this page in order to have a clear context of the 8 short films.
Each character has its own struggle, a struggle that is typical and common to the Tokyo LGBT community - and in extent, worldwide LGBT community -, from internal discrimination to drug addiction.
This film series has been inspired by David Lynch’s Twin Peaks, blending Lars von Trier’s Depression Trilogy (Antichrist, Melancholia and Nymphomaniac), Russell T Davies’ Queer As Folk and Kiyoshi Kurosawa’s Penance (Shokuzai)

MOTIVATION

Considering the LGBT population being one of the major minorities in the world, and Tokyo being one of the biggest city in the world along Mexico city, it is unfortunate that the Tokyo LGBT community is unknown, compared to those in New York, San Francisco, Paris and Berlin for example. The problems of the LGBT community differ according to the country and the local culture/traditions, highlighting the issues of Tokyo’s LGBT community may be necessary in order to support the “new LGBT”, the young generation and youth who would possibly face the issues that we would present throughout this series of short films. It is a way to tell the future generation that they aren’t alone and these issues were faced by the “elders”. Most importantly, the problems raised by this film are the main causes of feeling of isolation, being the only one facing such problems and causing depression, that could transform ultimately into suicidal thoughts in worst cases. Therefore it is important to surface these issues in order to generate empathy from those who have hard time understanding the essence of LGBT community’s distress.

FILM CREW

The director, producer and writer, Hisanori Tamura, is part of the LGBT community and has been open to his sexuality. He has witnessed and experienced diverse problems within the LGBT community and is surrounded by many people who have faced such realities. He had unfortunately known several people who have committed suicide due to their psychological burden. Therefore, he is able to portray the reality and create authentic stories for this short film series.

Hisanori’s father is Japanese and his mother is Thai with Vietnamese and French backgrounds. He is fluent in English, Japanese and French and can also have conversation in Spanish and Portuguese. As his father was a diplomat, he lived not only in Japan, but also in Thailand, Canada, Kenya, Luxembourg, Libya and Australia, and he spent 15 years in France. After graduating and obtaining the Master’s degree at INALCO, Paris 8 University and EHESS, he starts working as a consultant in partnership with French multinational companies. In 2015, he moves back to Japan and works mainly for major French media as a fixer and local coordinator. Today he works from news to documentaries, advertisement and films.

The director and cinematographer, Tomohito Goshozono has a long experience in filmmaking, and shares Western and Japanese taste in his filming style. Being bicultural like Hisanori, he is able to make a film that could have both Japanese and Western touch and core values.

Tomohito is a Mexican born Japanese. He lived in Mexico until 20 years old, and after graduating bilingual school, he studied in Nihon University for 4 years, then later returned to Mexico as a Japanese/English/Spanish translator and interpreter. After 6 months, he transferred his home base to Japan, and starts working in a company treating news and corporate media. Today, he works not only in technical fields such as DIT or AC, but also works as a freelancer for documentaries, advertisements and films as a direction advisor or story composer. Most of the projects that he participates in is with foreign production companies, so he coordinates and works for production as well.

CAST

The casts are active LGBT community members, and each people will portray a particular issue. The actor should have experienced the issue he will portray, to enhance reality in facial and vocal expressions, and in ad-lib dialogues if it may happen. The casts will all be picked in Shinjuku Nichome district, and we will choose those who have experience in acting, whether it is for stage or film.

LOCATION

Although the location is mainly in Shinjuku Nichome and in a certain bar where all protagonists are linked to, we may film in Tokyo for different shots, in order to portray Tokyo and its characteristics in this series of short film.

TARGET AUDIENCE

Not only the short film series is targeted to the “new LGBT”, the young generation and youth, but also to non-LGBT public as we seek empathy and correct understanding of the internal issues of an LGBT person.

ABBREVIATED BUDGET

The estimated budget for this film is 100,000 JPY per episode, resulting 800,000 JPY for the entire series. It is, thanks to the help and understanding of a group of people in Shinjuku Nichome, we will have free location and cast fees, and the crew will be making this series without any compensation because it is our first narrative film. We will collect the budget using crowdfunding, and in addition to self-funding, we would use 200,000 JPY per film festival to participate to 4 film festivals in order to sell and participate directly to Sundance, Cannes, Berlin and Venice film festivals, and of course Short Shorts being held in Tokyo.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The 8 short films would be submitted to the 10 film festivals; Sundance Film Festival, Cannes Film Festival, Palm Springs International Festival of Short Films, Clermont-Ferrand International Short Film Festival, Aspen Shortfest, Raindance, Berlin Film Festival, Toronto International Film Festival, Venice Film Festival and Short Shorts Film Festival & Asia.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this short film series could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature film. Ideally being able to reach 20,000,000 JPY, to be able to make one feature film, Parasite (Kiseichu).

黄昏の雨 (別名: The Rainy Dusk)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
日本語、英語、スペイン語 、ポルトガル語

構成

全8話で構成されているこの短編映画集は、各エピソード約12分から15分の映画(クレジット含む)で、全8話は関連しているが、個別に見ることができる映画である。
パイロット版は全8話のバックグラウンドになるため、このページに近々公開される。
各エピソードに違う主人公(視点)が物語り、8人の主人公たちが各自東京のゲイ・コミュニティーの典型的な悩みを抱えている。無論、コミュニティー内における差別から麻薬中毒まで、全世界のゲイ・コミュニティーが抱える問題も扱う。
この短編映画集はデヴィッド・リンチの「ツインピークス」、ラース・フォン・トリアーの鬱三部作(「アンチクライスト」、「メランコリア」及び「ニンフォマニアック」)、ラッセル・T・デイヴィスの「クィア・アズ・フォーク」と黒沢清の「贖罪」を合わせたような結果にしたい。

動機

LGBTは世界のマイノリティーの中でも「マジョリティー」(大半)でも、ニューヨーク、サンフランシスコ、パリやベルリンなどと比べ、メキシコシティーと並ぶ世界で一番大きな都市、東京ではLGBTの存在自体が未知であることを非常に残念である。各国のLGBTの問題などは文化的及び伝統的背景により変わり、東京のLGBTの問題点を強調するのは今後LGBTコミュニティーの中で自分を探し始める新しい世代の人達のためには必要不可欠な事だと思う。これにより、今後悩むであろう若者達に安心感を与え、一人ではない、そして経験を積んだ「先輩達」も同じ経験を積み、悩んだという事を伝えることを目的とする。一人で悩む事によってうつ病になり、酷い場合は自殺願望まで至るので、悩んでいる若者達にどんな問題があり、どのように解決する必要があるのかをこの映画で表現したいと思う。これにより、より多くの人が共感し、悩む者に手を差し伸べる意欲を与えられたらと思い、この短編映画集の制作を決定した。

クルー

ディレクター、プロデューサー兼作家の田村尚徳はLGBTコミュニティーの一員であり、彼自身のセクシュアリティに対して昔からオープンである。LGBTコミュニティー内で起こる問題を様々な友人や知り合いを通して熟知した(もちろん、彼自身経験した問題などもある)。酷いケースでは、重度の心理的負担のせいで残念ながら自殺した知り合いや友人もいる。そのため、現実性及び信憑性のある作品を制作することが可能である。

父が日本人で母がベトナム/フランス系タイ人。英語・日本語・フランス語が流暢であり、その他にスペイン語、ポルトガル語はビジネスレベル。父親が外交官のため、日本はもちろん、過去にタイ、カナダ、ケニヤ、ルクセンブルグ、リビア、オーストラリアに在住した事があり、中でもフランスで計15年過ごした。国立東洋言語文化大学、パリ第8大学及び社会科学高等研究院で修士号を得てから、大手会社を扱うコンサルタントとして働く。2015年に、ベースを本格的に日本に移し、フランスの大手メディア会社のフィクサー及びコーディネーターの一員となる。現在は幅広くニュース、ドキュメンタリー、CM、映画などにフリーランスとして携わっている。

ディレクター兼DoPの御所園智仁は映画業界で豊富な経験を積み、西洋と日本の文化を両方理解できるだけではなく、両方のスタイルを演出することが可能である。田村尚徳と同様二つの文化を受け継いだため、両方の価値観を描写する作品を制作することが可能である。

メキシコ生まれの日本人。二十歳まで在住し、現地のバイリンガルスクールを卒業後、日本大学で四年間学び、日・英・西語の通訳・翻訳者として再びメキシコに帰国。半年後、ベースを本格的に日本に移し、ニュースやコーポレートメディア中心の映像会社に就職。現在は幅広くDITやACと言った技術的な業務、及びストーリー構成やダイレクション・アドバイスなどの演出面でドキュメンタリー、CM、映画などにフリーランスとして携わっている。大半のプロジェクトか海外クルーと合同で行われるため、技術面だけではなく、制作面でのコーディネーションを同時に行うことが多い。

alone-calm-faith-576926.jpg

キャスト

キャストは実際LGBTコミュニティーの一員でもあり、各自が映画で演じる際に熟知している問題をあげる。現実感を高め、表情のリアリティーとアドリブを出させるよう、できれば各自体験したような問題を映画の中で演じさせたいと思う。新宿二丁目で現役活動している者達をキャストし、その中でも演技の経験がある者を選抜したいと思う。

ロケーション

新宿二丁目が主要ロケーションではあるが、東京都区内で主人公たちが関係するロケーションにも行き、東京の様々な光景と特徴などを描写したいと思う。

ターゲット

この短編映画集は「若いLGBT」だけではなく、新しい世代、若者、そしてLGBTではない者たちに共感及びLGBT内の重大な問題点を理解してもらえるよう制作する。

予算

制作費は個人的なコネクション含め、1話約20万円の予算だと推測し、全8話約100万円を目的とする。新宿二丁目にいる店舗と人たちのおかげでロケーション代とキャスト代が浮く形となり、この費用を映画祭への出品及び参加のために使う。そしてこの映画集を作るにあたって、各スタッフは自費で制作する予定である。クラウドファンディングで予算を集め、これにより、自腹に加え、20万円x4で4祭の映画祭に参加することを目的とし、(1祭2名、田村、御所園)サンダンス、カンヌ映画祭、ベルリンとヴェネチアの4祭に加え、日本のショートショートに直接参加することを目的とする。

映画祭出品予定

8話の内の一作品が以下の映画祭に出品される:サンダンス、カンヌ、パームスプリングス、クレルモン=フェラン、アスペン、レインダンス、ベルリン、トロント、ヴェネチア、ショートショート。

次の企画

この短編映画集がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計2000万円(約20万ドル)で長編映画の「寄生虫」を撮ることが可能であると予測する。

adult-alone-clothes-159069.jpg