image.jpg

PLOVERTOWN

A feature documentary film about Tokyo’s LGBTQ+ community’s past, present and future, interviewing the key personalities of Shinjuku Nichome district, to show the contemporary Japanese LGBTQ+ community and the real face of the Tokyo gay district.

Plovertown (Original Title: 新宿二丁目, Shinjuku Nichôme)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
Japanese & English

SYNOPSIS

Shinjuku Nichome is the main “gay district” of Japan. Since its creation as an LGBT district in mid-1960’s to post-2015, after the partnership certificates have been issued and same-sex couples have been recognised, there have been lots of events going on in Shinjuku Nichome. We will interview those who have seen Shinjuku Nichome since its creation until today, those who know well the district and its history, and those who are actively participating in the community life.

MOTIVATION

Knowing Shinjuku Nichome’s history is equal to knowing Japanese contemporary LGBT history. In Japanese media, the transexuals and drag queens are considered “entertaining” and the portrayal of LGBT members have been biased. We will break this kind of stereotypes in order to show Shinjuku Nichome’s real faces and what LGBT really is, in order to not only inform the world, the current problems and situation of Japanese LGBT, but also change the image of the LGBT community.

ABBREVIATED BUDGET

The estimated budget for this film is 400,000 JPY. It is, thanks to the help and understanding of a group of people in Shinjuku Nichome, we will be making this series without any compensation. We will collect the budget using crowdfunding, and in addition to self-funding, we would use 400,000 JPY per film festival to participate to 2 film festivals in order to sell and participate directly to IDFA and Hot Docs, and of course Yamagata International Documentary Film Festival being held in Tokyo.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Paris Docs.

新宿二丁目 (別名: Plovertown)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
日本語、英語

シノプシス

日本を代表する「ゲイ・タウン」、新宿二丁目。LGBTの地区として確定し始めた1960年代半ばから、2015年以来同性カップルに対し結婚に準じる関係と認める「パートナーシップ証明」の発行が可決されるまで様々な出来事が起こった。「ゲイ・タウン」として形成されてから現在までを見てきた者、この地区を熟知している者、そして活発に活動する者を通して新宿二丁目の歴史を探る。

動機

新宿二丁目の歴史とは日本における現代LGBT史と同然である。メディアではニューハーフやドラァグクイーンなど日本の異性愛者もしくはメディアが思う「エンターテインメント性のある同性愛者」などの固定観念を崩し、現実の新宿二丁目及びLGBTコミュニティーを紹介することにより、世界の人達に日本のLGBT事情及び現状を伝えるだけではなく、LGBTに対してのイメージを変えていきたい思う。

予算

制作費は個人的なコネクション含め、約40万円の予算だと推測する。新宿二丁目にいる店舗と人たちのおかげで予算が浮く形となり、クラウドファンディングで集金された予算を映画祭への出品及び参加のために使う。そしてこの映画集を作るにあたって、各スタッフは自費で制作する予定である。クラウドファンディングで予算を集め、これにより、自腹に加え、40万円で2祭の映画祭に参加することを目的とし、(1祭2名、田村、御所園)アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭に加え、日本の山形国際ドキュメンタリー映画祭に直接参加することを目的とする。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「パリ・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。


foggy-dance-club_4460x4460.jpg

GOGO TOKYO

A feature documentary film about 6 gogo boys, who are considered as stars in the Tokyo LGBTQ+ community, revealing not only their everyday life as a person, but also finding out the reasons of their life choices.

Gogo Tokyo (Original Title: ゴーゴーボーイズ, Gogo Boys)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
Japanese & Portuguese

SYNOPSIS

Gogo boys are men who entertain customers in the gay clubs as a performer. We will follow 6 gogo boys with different backgrounds to discover their life before becoming a gogo boy, the reason why they became, and their daily life after becoming one.

MOTIVATION

Gogo boys often show their muscles and their masculinity when they preform, and recently those who work in Japan appear on gay magazines and free papers as a cover-boy. Some of them belong to entertainment productions, and some have appeared in promotional videos, TV programs, advertisements and pornography as well. Gogo boys are considered as stars within the LGBT community, but why did they choose this path? What made them decide to be one? In order to understand their choice, we will interview them.

ABBREVIATED BUDGET

The estimated budget for this film is 400,000 JPY. It is, thanks to the help and understanding of a group of people in Shinjuku Nichome, we will be making this series without any compensation. We will collect the budget using crowdfunding, and in addition to self-funding, we would use 400,000 JPY per film festival to participate to 2 film festivals in order to sell and participate directly to IDFA and Hot Docs, and of course Yamagata International Documentary Film Festival being held in Tokyo.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Paris Docs.

ゴーゴーボーイズ (別名: Gogo Tokyo)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
日本語、ポルトガル語

シノプシス

ゴーゴーボーイは主にゲイクラブで観客を盛り上げるダンサー、パフォーマーである。6人の異なる背景を持つゴーゴーボーイを密着取材し、ゴーゴーボーイになる前の人生、ゴーゴーボーイになるきっかけ、そしてゴーゴーボーイになってからの日常に迫る。

動機

筋肉質で男らしさを表現することが多く、最近ではクラブだけでなく、ゲイ雑誌やフリーペーパーなどのカバーボーイとして活躍することもある。ゴーゴーボーイの中には、芸能プロダクションに所属したり、プロモーションビデオ、テレビ番組、CM、アダルトビデオなどメディアに露出するケースもある。ゴーゴーボーイとはLGBTコミュニティー内ではスターとして扱われているが、彼らはなぜゴーゴーボーイの道を選んだのか。どのような背景でこの職業を選んだのか。ゴーゴーボーイとは一体なんなのかを追求する。

予算

制作費は個人的なコネクション含め、約40万円の予算だと推測する。新宿二丁目にいる店舗と人たちのおかげで予算が浮く形となり、クラウドファンディングで集金された予算を映画祭への出品及び参加のために使う。そしてこの映画集を作るにあたって、各スタッフは自費で制作する予定である。クラウドファンディングで予算を集め、これにより、自腹に加え、40万円で2祭の映画祭に参加することを目的とし、(1祭2名、田村、御所園)アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭に加え、日本の山形国際ドキュメンタリー映画祭に直接参加することを目的とする。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「パリ・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。


edb2b549f5832e187a3916d30b666a0b.jpg

WE ARE NIKKEI

A feature documentary film about Japanese-Brazilian Nikkei community in Tokyo, each characters raised in different danchis throughout Japan, from Aichi to Gunma prefectures.

We are Nikkei (Original Title: Nós somos Nikkei)

DIRECTOR: Tomohito Goshozono
PRODUCER:
Hisanori Tamura, Mai Takachiyo
STORY:
Hisanori Tamura
LANGUAGE:
Japanese & Portuguese

SYNOPSIS

Coming soon

MOTIVATION

Coming soon

ABBREVIATED BUDGET

The estimated budget for this film is 500,000 JPY. It is, thanks to the help and understanding of a group of Nikkei Brazilian people in Japan, we will be making this series without any compensation. We will collect the budget using crowdfunding, and in addition to self-funding, we would use 100,000 JPY for producing the film, 400,000 JPY per film festival to participate to 2 film festivals in order to sell and participate directly to IDFA and Hot Docs, and of course Yamagata International Documentary Film Festival being held in Tokyo.

PRESENTATION TO FILM FESTIVALS

The Documentary would be submitted to the 7 film festivals; IDFA, Vision du Réel, CPH:DOX, Sheffield Doc/Fest, Hot Docs, Cinéma du Réel and Yamagata International Documentary Film Festival.

FUTURE PROJECTS

Depending on how far this documentary could go, and how much money we will receive after selling the rights to diverse distribution companies, we will be able to make a feature documentary film. Ideally being able to reach 1,000,000 JPY, to be able to make one of the Paris Docs.

我らは日系人だ (別名: Nós somos Nikkei)

監督: 田村尚徳、御所園智仁
プロデューサー:
田村尚徳、高千代舞
作:
田村尚徳
言語:
日本語、ポルトガル語

シノプシス

近日公開

動機

近日公開

予算

制作費は個人的なコネクション含め、約50万円の予算だと推測する。日系ブラジル人の方々のおかげで予算が浮く形となり、クラウドファンディングで集金された予算を映画祭への出品及び参加のために使う。そしてこの映画集を作るにあたって、各スタッフは自費で制作する予定である。クラウドファンディングで予算を集め、これにより、自腹に加え、10万円を制作費、そして40万円で2祭の映画祭に参加することを目的とし、(1祭2名、田村、御所園)アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭に加え、日本の山形国際ドキュメンタリー映画祭に直接参加することを目的とする。

映画祭出品予定

このドキュメンタリー映画は以下の映画祭に出品される:アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭、ヴィジョン・デュ・レエル、コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭、ホットドックス・カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエル、山形国際ドキュメンタリー映画祭。

次の企画

このドキュメンタリー映画がどのような評価を得ることができ、どれくらいの金額で世界中の配給先に売れることが可能なのかにもよるが、理想的に合計1000万円(約10万ドル)で長編の「パリ・ドックス」シリーズをを撮ることが可能であると予測する。